2011年 09月 18日
銀河の歴史と2000円
少し古い話題ですが。

自宅から15分程度歩いたところに、いかにも古くから営業しているといった雰囲気の、小さなレンタルビデオ店があります。駅ビルに入っている大手のT屋さんより200円程度安く借りられるのですが、駅とは反対側なのが玉に瑕。なので、休日に散歩がてら買い物に出た時などに利用しています。

先日、そのお店の前をたまたま通りかかると、なんと旧作DVDが1週間10枚1000円!これは何巻もある長編モノを借りるしかない!ということで、途中まで観て少し間が空いてしまっていた長編SFアニメ「銀河英雄伝説」をまとめて借りました。

何しろ本編DVDだけで28巻もあるので(さらに外伝も10巻くらいある)、こういうときでもないとなかなか借りられません。続きモノは一気に観ないと気がすまない私は当然10本まとめてレンタル。いや~いいタイミングでお店に来たなぁ、ラッキーだったわ~、と、1000円支払ってほくほく顔で帰宅しました。

さて1週間後。DVDを返却コーナーに出してチェックしてもらっていると「お客様、延滞料をいただきます…」と店員さん。「はい?」返却日は今日なのに何言ってるんだろ、とレシートを見ると、はっきりと昨日の日付が。まさかそんな。思わず二度見する私。しかし何度見ても昨日の日付。「延滞料は2000円になります」「え…200円もするの…」オーマイガッ…!

自分でも理由はわかりませんが、何故か自信満々に「レンタルは今日返却」と思い込んでいたのでした。これまでレンタルで延滞したことなどなかったのに、大量にレンタルしたときに限って何故。せっかく1本100円で借りたのというに、延滞料10本分2000円、合計3000円を支払う羽目に。気の毒そうな店員さんの表情がやり切れない。しょんぼりして店を後にしたのでした。

銀河の歴史がまた1ページ…

今日のDVD:銀河英雄伝説
カイザー・ラインハルトのような人物が今の日本には必要だと本気で思う。
f0201709_1575936.jpg
[PR]

by brancadesign | 2011-09-18 00:37 | えいが


     近況など >>